株式会社共栄レジン
ブログ

ブランコ共栄の塗装工事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

DSCF4968-1024x768.JPG PhotoPictureResizer_181022_20501796730-2304x1728.jpg DSCF5017-2304x1728.JPG DSCF5018-2304x1728.JPG DSCF4970-1024x768.JPG DSCF4964-1024x768.JPG

少し前ですが、熊谷市M邸の塗装工事を熊谷市内の塗装業者様からお願いされました。
本来の契約では、今回私共がお願いされた部分を除いた3面が工事対象だったらしいのですが、綺麗になった3面を見たお客様が、どうしてもこの面もとお願いされた様でした。
ひょんな事から私共に仕事の以来が来た次第。

順番がずれてしまいましたが、説明させていただきます。
写真1.
上塗り2回目の様子です。今いるのが4階付近になり、3~4メートル位下がると、隣家の屋根があります。隣家との隙間は3センチあるかないか。隣家の屋根の横樋付近は15センチあるかどうかでした。ブランコで作業することも出来無いので、ハーネスでの吊り下がり工法となりました。ちゃんと2回塗る。ブランコだから仕方ないとか、誰にも見つからないとか、共栄レジンでは許されません❗
写真2.
離れた場所からの撮影です。写真中央に見えるのが飛散防止のメッシュシートです。写真では撮影上作業が見えやすいようにさげていますが、本来は作業者がいる部分にさげます。3枚目の写真が実際の塗装時の様子です。

写真4. 隣家の敷地内からしか作業出来ないので、事前に了解をいただき、隣家敷地内及び壁等養生しました。

写真5.
境界に建つブロック塀との隙間の壁も防水のためしっかりと塗装しました。施工しなくてよいとの事でしたが、ALCの特性上、外部の塗装でのみ防水が保たれますので、サービスで施工致しました。

写真6. 塗装完了後の写真です。写真では判りづらいですが、綺麗に仕上がりました。竪樋の塗装及び固定金具の取替も致しました。